信州 片桐花卉園

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の花に!

<<   作成日時 : 2011/06/08 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝は予定外の雨。。。練習が大変でした。。。

が!昨日植えたエリンジュームやその前に植えたヒペリカム初霜には恵みの雨!!!ラッキーでした!

昨日届いた花時間に夏のお花の選び方、手入れのしかたの特集がありました。

その中にアルストロメリアも!
もともと夏は北海道のアルストロメリアがちょっと出回っていただけでしたが、ここ数年でかなり様変わりしました。高冷地のうちの辺りでも夏には5〜6年前はほとんど出荷していませんでした!

夏に収穫するというのは暑さに弱いアルストロメリアにしたらかなりのストレスになるうえ、夏に切ることによって、値段の良い秋に出荷が減ってしまう!株を弱らせてしまうと年内の出荷にかなり響くためでした!

それでも市場からの要望もあり、家では6〜7年くらい前から色々技術、品種の向上などで少しづつ出荷をはじめ、今では数こそ少ない物の、完全に周年出荷できるようになりました。それにともなって、夏の価格の方もかなり安定し始め、今では他産地の生産者も夏に出荷している所もあります!

で!話しは戻って花時間!

鮮度の良い花を選び、茎の太い物の方が花持ちが良いとされています。花びらにしわがでていないか、ツボミの近くの葉が黄色くなっていないか確かめて。持った時に花粉が落ちるようなら日が経っていると考えましょう!

との事!
う〜〜ん。。。ここからは僕の考えです!花粉が落ちる物は日が経っている!ってのはわかる気がするんですが、品種によって花粉が落ちやすいのもあります!今日収穫して水揚げし、明日出荷の箱詰めの時に花粉が落ちる品種もあるくらいです!これは育種の中で使われている品種のせいな気がします!

某有名な黄色品種でよく育種に使われる優秀なやつがいるんですが、それを使っていると思われる品種は花粉が落ちやすい気がします!

そらから茎の太い物は持ちが良い!?これは今まで一度も思った事がありません!!!!たぶん関係ないと思います!どちらかといえば品種ごとの日持ちの差の方が遥かに大きいです!

葉っぱの色はかなり大切です!これも品種によって多少の濃淡はありますが、黄色っぽいのは良くないです!ってか黄色ぽかったら生産者が出荷するべきではありません!

どのように選べば良いかと聞かれたら、自分なら、まず必ず前処理をしてあるもの!酵素を使ったり有機でやったりと工夫している産地さんもあるようですが、やっぱりエチレンガスを抑えて、落花を抑え、葉の黄化を防ぐstsを使っているもの!

夏は涼しい産地のも!やっぱりゆっくり育った花の方が長持ちします!

後は日持ちが良い品種!

一番強いのは小リンの無花粉品種!

キッスやエクストリーム!家のオリジナルのハナセレブ!

画像


この子らはかなり強いです!涼しげな花も良い感じ!

それから花びらが厚いもの!
これも長く持つ物が多いです!

育種の過程を見てみるとある程度はわかる気がするんですが、なんせ育種の過程は公表されないし、想像や、オランダ人に聞いた話しでしかないので(笑)

まあ生産者に聞いてみるのが早いかもです!

今日でアルストロメリアの植え替えがすべて終了しました!

出荷量も少なめですが品質はまだまだ抜群!

価格の方もかなり上がってきました!しかし3月のダメージは予想以上にでかかったです。。。

久しぶりの長文!読んでくれてありがとうございました!


ぽちっとおお願いします!
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の花に! 信州 片桐花卉園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる